コンプライアンスリスクおよびデリジェンス

クロールは、お客様がグローバルで多種多様なマネーロンダリング規制(AML)や汚職対策規制(AB&C)を遵守できるようサービスを提供する、業界を代表するプロバイダーです。

サービスへ移動

お問い合わせ

不正防止、反汚職法の遵守

対象となる業界に対する深い専門知識と世界各国にまたがるネットワークを組み合わせて、お客様をサポートします。

  • 複雑で地域固有のグローバルな法規制を考慮したコンプライアンスプログラムの作成、設定、導入
  • グローバル対応のトレーニングプログラムを含む包括的なコンプライアンス戦略の策定
  • クロールのコンプライアンスポータルを用いたサードパーティーリスクの管理
  • スクリーニングおよびモニタリングと詳細デューデリジェンスを用いたコンプライアンスリスクを基準としたアプローチ
  • クロールの調査、修復、レビューソリューションによる潜在的リスクへの対応

マネーロンダリング対策

クロールは世界の大手金融機関から、米国愛国者法や銀行秘密保護法といった主要な法規制遵守の支援について問い合わせをいただきます。これらグローバルな法規制を遵守するには、AMLやKYC(Know Your Customer)プログラムの設定と運用に向けたお客様の本人確認や、詳細デューデリジェンスのようなリスクを基準としたアプローチが必要になります。クロールは、お客様が関与しうるリスクに見合った個々の必要性に応じたソリューションを提供します。

汚職贈収賄対策

海外腐敗行為防止法(FCPA)、英国贈収賄禁止法(UKBA)、各国固有の新しい法規制など、世界をとりまく法規制環境は益々複雑になってきています。汚職関連のリスクは、コンプライアンス担当や法務担当のみならず経営陣にとっても大きな問題の一つです。クロールは、このような規制コンプライアンスに関する懸念に対処するサービスをご提案できます。

汚職贈収賄対策プログラムとその導入についてのクロールのソリューションは、クロールのコンプライアンスポータルの利用です。旅行、贈答、接待といったサードパーティに関するリスク管理と内部統制、現在進行中のスクリーニングおよびモニタリング、サードパーティに対する詳細デューデリジェンスに対応しており、世界中で発生する汚職贈収賄リスクについて迅速に対処できる機能を有しています。

 
/ja-jp/services/compliance-risk-and-diligence /ja-jp/-/media/kroll/images/banners/services/jpg/desktop/compliance-risk-diligence.ashx

コンプライアンスリスクおよびデリジェンス

モニターシップ

組織が直面する法規制のコンプライアンス問題をモニターシップ

モニターシップ