バックグランド調査、不正調査、 リスクアコンサルティング

お問い合わせ

バックグランド調査、不正調査、 リスクアコンサルティング

インテリジェンス機能

クロールの大きな特徴は、インテリジェンス機能です。高い情報収集能力と情報分析能力を活用した調査やアドバイスを、お客様に提供してきました。

具体的には、公開情報のリサーチ(Open Source Intelligence, OSINT)と、国内外に所在するエージェントや協力者を活用したインテリジェンス活動(Human Intelligence, HUMINT)を並行して実施します。

公開情報(OSINT)調査

OSINT調査とは、一般的に公開されている情報を分析して独自の情報を読み取る調査で、手法としては以下があげられます。

  • 新聞・雑誌等のメディア情報
  • ブログやソーシャルメディア等のインターネット情報
  • 民事訴訟記録
  • 公的資料(登記簿など)
  • 商用データベース
  • 地図や画像情報
  • 制裁対象リスト

人的情報(HUMINT)調査

HUMINT調査とは、エージェントや協力者を活用して情報収集を行う調査で、主な情報取得先としては以下があげられます。

  • 元従業員
  • 競合先
  • 取引先関係者
  • 金融業界関係者
  • 地元メディア関係者
  • 業界の専門家
  • 当局関係者

HUMINT調査は法律の範囲内で秘匿に行われるものであり、クロールが情報収集していることは相手方に特定されないよう、慎重に行われます。

情報分析

クロールでは、特に言動の「言」の部分に注目し、対象「が」どのような発言をしているか、対象「を」周囲がどのように発言しているか、といった発言に注目して過去の事実関係を洗い出します。

そして、公開情報、人的情報を通じて得られたそれら情報を元に、検出された懸念事項を深掘り。インパクトの程度を可視化して、将来のリスクについて分析を行います。

インテリジェンス機能を使ったサービス(投資や新規事業の際のライフサイクル)

infographic-service-page-fii

バックグランド調査、不正調査、 リスクアコンサルティング

クロールの調査能力で、企業や人の隠れたリスクを把握します。

企業価値評価

企業活動の多くの場面において、株主価値の把握、企業価値の分析は欠かせません。