モニターシップ

クロールは、様々な法規制を企業が遵守しているか評価、監視およびテストを実施しています。それは、強制の場合もあれば任意で行われる場合もあります。

当局や企業の経営者たちはサードパーティにも関心をむけるようになっており、企業のポリシー、手順、関連規制法、倫理規範と照らし合わせて、企業のコンプライアンスを評価、監視、監督しています。その目的は、企業の従業員および関連企業が、法的、倫理的に適った事業運営を行うためです。一方でこれらモニターシップは、訴追延期合意(DPAs)、不起訴合意(NPAs)そのほかの同意判決のように、強制的に実施される場合も多く、企業が自発的に行うものは、建設時のモニター、企業倫理モニター、オンブズマンなどがあります。

クロールは裁判所、当局、企業から、企業モニターの依頼を受けることが多々あります。クロールは、一定量の不正行為が見受けられる企業内の誠実性レベルがもたらす固有の課題に対処してきた経験があります。それは企業が裁判所命令の対象となったり、実質的に政府の監視下におかれる状況を含みます。加えて、クロールは、不正行為や非倫理的行為を特定、管理し、企業の誠実性を強化する目的で、企業経営陣から事業のモニタリングやコンプライアンスプログラムの依頼を受けることがあります。

クロールのモニターシップチームは、組織の評価を実施します。それは、監視、確認された不備の改良、マトリックスの開発、提案されたコンプライアンス改良に対する裁判所、当局、政府機関提出向けの詳細なコンプライアンスレポートの準備を目的に行われます。クロールの経験豊富な専門チームは、法執行機関やフォレンジック会計、法務、コンプライアンス、監査の専門家など多岐に渡る経歴を持っており、お客様にとって非常に有益な情報を提供します。また業種の専門家も擁しており、金融機関(BSA、AML、OFAC)や汚職贈収賄対策(FCPA、UKAB)の経験が豊富なものや、建設や製造業出身の専門家も含まれます。

クロールは、大規模な建設プロジェクトを、モニタリングを通して浪費、不正、悪用を低減し、お客様が戦略的なコスト管理を行えるよう、独立した立場で監視するというサービスも提供しています。クロールは、ベンダーの誠実性確認、トレーニング、オペレーションおよび事務上の監視、建設後の分析や報告を含む、包括的かつプログラマティックなコスト抑制アプローチを行います。

/ja-jp/services/compliance-risk-and-diligence/monitorships /ja-jp/-/media/feature/services/compliance-and-regulatory-consulting/crc-main-desktop-banner.jpg service

お問い合わせ

関連サービス