Global Fraud & Risk Report 2017/2018 - 不確実性の時代に新たな道を築く

本レポートは、クロールが、様々な業界の経営幹部に対して世界的に実施した調査結果をもとに、不正や様々なリスクの実態について、分析を行ったものです。

Global Fraud&Risk Report 2017/2018は、2017年は、企業が不正、サイバー攻撃、セキュリティ・インシデントに常に直面した年であったと報告しています。

経営幹部へのインタビューの結果では、過去1年間に自社で不正が起きたとした回答は84%(2016年比 2%増)、また自社の情報やデータが盗難・紛失、またはサイバー攻撃を受けたとした回答は、実に86%にのぼりました。国や業界によっては、その数は100%近くにのぼります。

Global Fraud & Risk Report 2017/2018 - 不確実性の時代に新たな道を築く 2018-01-21T00:00:00.0000000 /ja-jp/publications/global-fraud-and-risk-report-2018 publication {1642F22C-8988-40BE-8A6C-DD7A67586384} {E5A790ED-A33A-433D-BBE4-0783797CD177} {F757DC57-186B-4CB0-A763-C690AC8D4263}

関連サービス

サイバーリスク

世界的な専門家によるエンドツーエンドのサイバーセキュリティサービスを提供

サイバーリスク

セキュリティリスク管理

多種多様な施設、オペレーション、従業員の安全に対する課題への対応を支援

セキュリティリスク管理