ポール·ジャクソンは、香港に拠点を置くクロール(Kroll)のサイバーリスク部⾨門のマネジング·ディレクター兼アジア太平洋地域責任者です。

ポールは、この地域の最⾼高レベルの法執⾏行行機関および法⼈人企業での25年年 を超えるキャ リアを通じて、サイバーセキュリティの実践者、戦略略家、およびソートリーダーとして傑出した業績を上げてきました。

の地域の多様な地政学的·⽂文化的複雑性に関する深い知識を持っていることに加えて 、インターポール、米国のシークレットサービスの⾦金金融犯罪調査委員会、マイクロソフトのデジタル犯罪コンソーシアムなどの組織と協⼒力力 した経験から、ポールはグローバルなサイバーセキュリティの課題について、非常にデリケートな⾒見見解を持っています。

ポールは香港警察でキャリアをスタートさせ、22年年 以上にわたって、警部、デジタルフォレンジック調査責任者、犯罪調査チーム責任者、警察の技術犯罪部⾨門のトレーニング責任者と地位を上昇しました。

の役職では、サイバー捜査官、コンピューターフォレンジック検査官、警察⼤大学教官などの複数のチームを率い、27,000⼈人の警察官全体のデジタル証拠のポリシーマネー ジャーを務めました。

彼の業績としては次のようなものが挙げられます。デジタルフォレンジックラボと関連するすべてのITセキュリティインフラストラクチャを構築するための数百万ドルのプロジェク トの設計と構築の監督。トップレベルの警察管理理職に技術犯罪の傾向とITセキュリティ問題に関連する戦略略的計画とポリシーを提供する内部の「シンクタンク」の統率 。オリンピック、WTO会議、ITU会議、東アジア競技⼤大会などの主要なイベント中に、 重要なインフラストラクチャをターゲットとするサイバー脅威に対する政府のインシデント対応機能の主導。そして、稼働中の(妥協した)システム分析のための⾰革新的なインシデント対応⽅方法の実施。これは、最終的には世界中のインターポールと警察によっ 
採⽤用されました。

在職中、ポールはインターポールからアジア太平洋地域のコースディレクターに任命されました 。その役割は、IT調査とフォレンジックトレーニングを開発して法執⾏行行機関に提供することでした。

彼が設計·管理理 したHKPF向けの⾼高度なトレーニング施設は、後にインターポールと韓国警察⼤大学でテンプレートとして使⽤用されました。

ポールは、犯罪防⽌止局のコンピュータセキュリティユニットの責任者、刑事情報科の通信連絡事務所の責任者、および8年年 間の制服警官としての経歴から、これらのトレーニングの取り組みに幅広い実践的な最前線の経験をもたらしました。

2010年年 にHKPFを離れた後、ポールはJPモルガンチェース銀⾏行行のAPAC地域の詐欺およびハイテク調査の責任者となり、2012年年 から2014年年 にかけてニューヨークに移ってからは、銀⾏行行のハイテク/サイバー調査のグローバル責任者を務めました。

この職でポールは、米国、ヨーロッパ、アジア各地のサイバー調査員と対応者のグロー バルチームを指揮し、その際グローバルな⾦金金融機関が直⾯面する進化していく脅威を管理理するという差し迫ったニーズに対処することに重点を置きました。

これらの⽬目標の実⾏行行には、とりわけ、グローバルサイバーラボの再設計と、チームの効率を改善し能⼒力力を向上するための新しいフォレンジックテクノロジーの導入が含まれていました。

戦略略リーダーを務めるだけでなく、ポールは個⼈人的に多数の捜査を⾏行行い、よく知られている違反、データ漏えい、評判の問題、従業員の不正⾏行行為、内部脅威、電⼦子詐欺など、 いくつかの主要な事件を⾸首尾よく解決しました。

クロールに入社する以前は、Stroz FriedbergのAPAC地域担当のマネジング·ディレクターでした。
この役職で、ポールはAPACを対象とした同社の製品やサービスを複数開発し、また個 ⼈人的に、サイバーセキュリティ評価、Cレベルのサイバーインシデントの机上演習、お よびデータ侵害の調査におけるクライアントの関与を主導しました。

彼はまた、ソートリーダーを務め、数多くの場所、フォーラム、主要な公開イベントで 会社を代表しました。

 

メディア出演と講演の抜粋
  • 香港ラジオにサイバー専門家として毎週定期的に出演。
  • 国際法曹協会(IBA 2017)、シドニー
  • ユーロマネー/スタンダードチャータード銀行行ウェビナー
    : 「 The fight against cyber crime in financial services: How prepared are you?(金金融サービスにおけるサイバー犯罪との戦い:どのように準備していますか?)」
  • モルガンスタンレー第16回アジア太平洋地域年年次サミット、シンガポール
  • 香 港 証 券 取 引 所 :Cyber Security Town Hall Event(サイバーセキュリティに関するタウンホールイベント)
  • Information Security Summit(情報セキュリティサミット)、香港

 
学歴および資格
  • 香港科技大学、コンピュータフォレンジック準修士
  • 香港科技大学、コンピューターフォレンジック専門職学位
  • リバプール大学、工学部、工学および産業管理理工学士(優等学位)
  • SANS認定フォレンジックアナリスト(GCFE)

 
所属およびメンバーシップ
  • 香港コンピュータ協会、情報セキュリティ分科会
  • 防衛科学技術大学、北京
  • 中国コンピュータフォレンジック研究センター
  • ネットワークセキュリティプロフェッショナル(NSP)グループ
  • コンピュータ証拠の国際機構
  • ハイテクノロジー犯罪捜査協会
  • マイクロソフトデジタル犯罪コンソーシアム
ジャクソン /ja-jp/our-team/paul-jackson /ja-jp/-/media/kroll/images/headshots/managing-directors/paul-jackson.jpg people {E5A790ED-A33A-433D-BBE4-0783797CD177} {58556E6F-D918-42BA-ACCC-09075DF2B33A} {6047C9FD-D5E2-42E0-8BEF-B0B5CA9B36C2} {DC73742B-ECC4-45F7-9088-3AAAFAFC8220}

関連サービス

サイバーリスク

世界的な専門家によるエンドツーエンドのサイバーセキュリティサービスを提供

サイバーリスク

調査と対応

脆弱性・侵入・フィルタリング前のデータを特定し適切なソリューションを提供

調査と対応

データ侵害対策

お客様のシステム、アプリケーション、設備について社内外から幅広く評価

データ侵害対策

是正と復元

多岐に渡る業界や地域のコールセンター及び漏洩通知サービス

是正と復元