月刊グローバル経営にて、片山浩樹の寄稿記事が掲載となりました

インドネシアは、外資を受け入れることで成長を加速させる方針の下、規制緩和や参入障壁の緩和・撤退を進めてきました。ジョコ大統領が再選を果たしたことから、インドネシアへの海外からの投資額において、第2位の日本にいても、今後ますます投資が期待できる国となるでしょう。

インドネシア政府が外資誘致に努力している一方、実際の現場では、許認可を握る行政担当者から賄賂を求められるケースが依然として後を絶ちません。インドネシアの地政学的リスクについて説明し、日本企業が贈収賄要求にどのように対応すべきかを片山浩樹が紹介しています。

一般社団法人 日本在外企業協会発行の「月刊グローバル経営」9月号に掲載されています。

ダウンロードするにはこちらをクリック

2019-10-10T00:00:00.0000000 0001-01-01T00:00:00.0000000 /ja-jp/news/contributed-hiroki-katayama-monthly-global-management /ja-jp/-/media/kroll/images/news/featured-images/2019/jonathan-fairtlough-corporate-counsel.ashx news {1642F22C-8988-40BE-8A6C-DD7A67586384} {524C2EDB-A6F1-45F1-B651-BF99F6181A04} {7821C48B-44DA-489D-9838-2F68EE73C9AD} {31C630AA-7D53-47BB-B20F-B4828B0D1751} {133BC40F-5F12-414D-9742-556418C3B69F}

関連サービス

内部調査

法規制違反の申し立て、サイバーセキュリティ侵害、従業員問題

内部調査

デューデリジェンス

広範に渡る包括的なスクリーニングおよびデューデリジェンスソリューションを提供

デューデリジェンス

財務調査

疑わしい行為の察知から解決まで全てのフェーズにおいて調査を実行

財務調査

法規制調査

他の追随を許さない調査能力、国際的なプレゼンス、長年の実績に裏付けされた独立性と誠実性

法規制調査